ヒラメ用ワイヤー仕掛けの作り方


こんなヤツの歯にかかったらナイロンはひとたまりもない
ヒラメ釣りには活きイワシが一番いいのは誰もが知っていることなのだがボート釣りではなかなか入手するのが難しい。

いきおい手に入れ易い活きアジを使うことになるわけだがアジくらいの大きい餌に食いつくヒラメはそれ自体が大きいか食い気が立っているので一気に餌を飲み込んでしまうことが多くハリス切れに泣かされることは少なくない。

そこで作り始めたのが写真のようなワイヤー仕掛けだ。編込みやワイヤーのスリーブ止めといった普通の仕掛け作りではなかなかお目にかからないテクニックを使うが覚えてしまえば簡単で色々な仕掛けに応用できるので興味がある方は是非挑戦してみて欲しい。
この仕掛けの出来上がりはこんな感じだ。仕掛けの全長は20センチ程度、餌のアジの大きさに合わせて親針が自由に動くようになっている。
①スリーブつぶし (株)ヤマシタの「ダルマスリーブ」というスリーブ(結節金具)をつぶすための専用のペンチだ。
「ハンドプレッサーS」という名前で釣具店の石鯛コーナーで売られている。

②スリーブ ヤマシタの「ダルマスリーブSS」

③熱収縮チューブ 結節部分に被せてライターで炙るとチューブが縮んで表面を覆ってくれる。
ワイヤーの断面の細い切れ端を覆うのが主な役目だが無くても実際には問題はない。

④ワイヤー 39本撚りのステンレスワイヤーにナイロンがコーティングされているもので「ワイロン」という
名前で販売されている。太さ的には#40~41位の太さのものが使い易い。

⑤スイベル #5~7位のサイズのものを用意する。ワイヤー部分とフロロカーボンのハリスを繋ぐ役目を
するだけでなく餌のアジが回転してしまってもハリスにヨレが入らないようにするためのものだ。

⑥親針 ワイヤーを中に通して針の脱落を防止するために針のチモトが環状になっているものが必要だ。
環付きのチヌ針6号~8号を使っているが環付きヒラメ17号も使いやすい。

⑦編み込み用糸 鮎釣りの鼻環結び糸を使っているが古くなったPE(0.8号~1号)でも十分代替
することができる。

⑧ソフトビーズ 親針に通して必要以上に親針がアジの鼻に深く刺さるのを防止する役目をするものだ。

⑨3本イカリ針 孫針として使用する。かえしの付いているもので#8~10くらいのものを選ぶと良い。

⑩ 瞬間接着剤 編み込み糸と親針の結び目をこれで固定する。

【ステップ1 編み込み部分を作る】

まず親針を結ぶ編み込み部分を作ってみよう。編み込みを綺麗に仕上げるためにはワイヤーをピンと張った状態にすることが大切だ。

フライタイイングの時に針を固定するバイスを使っているが少し深めのしっかりした小箱の縁に書類をまとめるクリップを使ってワイヤーを固定しても同じことができる。

ピンと張ったワイヤーに25センチほどに切った鼻環結び糸を一重結びでしっかり結ぶ。
力一杯締める必要はないが編み込んで行く際に弛んでこない程度の強さは必要だ。
(写真をクリックすると拡大できます)

一重結びして

締め込む
いよいよワイヤーに編み込みをして行こう。

まずは右手に持った糸をワイヤーの手前側から時計回りに向こう側に回しワイヤーとの間にできたループに向こう側から手前に通して抜く。
軽く締めたら今度は左側の糸を反時計回りにワイヤーの向こう側に回して同じようにできたループに通して手前に抜いて締める。
それを左右それぞれ8~10回編み込んだら出来上がり。
編み込み部分をつまんで上下に動かしてみて適度な抵抗で動けば完璧。動かし難かったら編み込みの締め方が強すぎるからやり直したほうが良い。

右の糸を抜いたら

こんな感じで締める

左も同様

10回ほど編んで終わり

ステップ2 親針を付ける

編み込みが出来上がったら次はそれに親針を結びつける工程だ。

編み込み部分に直接針を結ぶのではなく編み込みから針の環の部分のまでの間に一重結びを10回ほど重ねて5~6ミリの結びこぶがつなっがた部分を作った上で針を取り付けると良い。

この部分があることによって親針をアジの鼻に打った時にワイヤーが真っ直ぐになりアジが自由に泳ぐようになる。

一重結びを作って

締め込む

10回ほど結びを重ねて

出来上がり
続いて編み込み糸に親針を結ぼう。

編込み糸を二本とも通して

編込みの方に一重結び して

締める

もう一度環に通して

針の環で結んで

締める

編込みの方に絡めて

締める

瞬間接着剤で止めて

余分な糸を切る

ワイヤーを針の環に通して (これは大変重要)

親針取付け出来上がり

ステップ3 孫針とスイベルを付ける

さあ、ここまでくればもう少しだ。親針の結び終わったワイヤーをバイスから外して孫針の3本イカリとハリスを結ぶためのスイベルをスリーブ(結節金具)で固定していこう。

基本的にワイヤーを糸のように結ぶことは難しいので結節金具のスリーブを使うのが普通だ。スリーブの穴にワイヤーを通してハンドプレッサーというペンチのような道具で圧着すれば簡単に出来上がる。

それでは孫針から取り付けていこう。まず最初にワイヤーの先端から熱収縮チューブを通しておく。その後でワイヤーをスリーブの穴に通し、先端をさらに針の環に通したら再び先端をスリーブの穴に抜いて親針の付いている方のワイヤーをユックリ引いて孫針の部分のワイヤーの輪を絞っていく。その様態でハンドプレッサーの先端の溝にスリーブが縦に入るように入れて強く締め付ければ結節は出来上がり。収縮チューブを被せてライターの炎で軽く炙れば完成だ。

熱収縮チューブを通し

スリーブを通し

針を通してスリーブの穴へ

ユックリ輪を絞る

シッカリ圧着

収縮チューブを熱して仕上げ
次はハリスを結ぶスイベルをワイヤーに繋ぐ作業だ。

孫針の結節と同じように熱収縮チューブ、スリーブ、スイベルの順番で通し同じようにワイヤーの輪を絞って
ハンドプレッサーで圧着すればよい。

仕上げも同じように熱収縮チューブを被せてライターで炙れば出来上がる。

輪を絞って圧着

ライターで炙って仕上げ

ソフトビーズを通して

これで完成!
WEBサイト NEW OPEN!!